花房晴美 日本デビュー40周年記念リサイタル
〈ベル・エポックへのオマージュ〉


今回記念となるリサイタルでは、2010年より13回続けてきたフランス室内楽シリーズを踏まえ、ドビュッシー・ラヴェルの作品より厳選したオール・フレンチ・プログラムをお送りします。花房晴美ならではのエスプリと多彩なタッチによる演奏をお楽しみください。

〈日時〉2017年10月13日(金)19:00
〈会場〉東京文化会館小ホール
〈曲目〉ドビュッシー : 前奏曲集
第1集より 6.雪の上の足跡 7.西風の見たもの 8.亜麻色の髪の乙女
 9.とだえたセレナード 10.沈める寺 11.パックの踊り
第2集より 1.霧 2.枯葉 3.ヴィーノの門 7.月の光がふりそそぐテラス 12.花火 
ラヴェル : 亡き王女のためのパヴァーヌ 
ラヴェル : 夜のガスパール
〈チケット料金〉
全席自由 一般5,000円  学生3,000円
〈 チケットお申込み〉

東京文化会館チケットサービス Tel.03-5685-0650 http://www.t-bunka.jp
イープラス http://eplus.jp (PC&携帯)
 
花房晴美 Harumi Hanafusa(ピアノ)
華麗な演奏が魅力の、日本を代表するピアニストの一人。国内はもとより、海外のオーケストラとの共演を重ねるなど、国際的にも高く評価されている。桐朋学園高校を首席で卒業後、パリ国立音楽院で学ぶ。エリーザベト王妃国際コンクール他、数々の国際コンクールに入賞。国内でのリサイタルの他、NHK交響楽団をはじめとする日本の主要オーケストラとの共演も数多い。国外での活動も活発で、010年からシリーズ・パリ音楽のアトリエをスタートさせ、第14集は2018年420日(金)に予定している。2017年には日本デビュー40周年を迎える。